FC2ブログ

旧ディジョン日記(移転しました)

以前フランスの地方都市ディジョンでフランス語を学んでいました。

歌詞をちょっと訳してみる

先日紹介しました、Zazのセカンドアルバム「Recto Verso」

Zaz.jpg

これの2曲目 「comme si comme ça」の歌詞が彼女らしいなぁと思ったので(つってもファーストアルバムのイメージからですが)、ちょっと歌詞を引っ張って訳してみました。

冒頭部分です(句読点を打ち、一部の大文字を小文字に変えています)。

On veut faire de moi c'que j'suis pas.
 人は私を別のものにしようとしている。
Mais je poursuis ma route. Je me perdrai pas.
 でも私は私の道を行く。迷いはしないさ。
C'est comme ça.
 (私は)こうなのよ。(これが一番訳しづらい)
Vouloir à tout prix me changer
 何としても自分を変えようとすること、
et au fil du temps m'ôter ma liberté,
 時を経るにつれて自由が奪われていくこと、
heureusement, j'ai pu faire autrement.
 幸い、私はそうせずに済ませられた。
Je choisis d'être moi tout simplement.
 私はとてもシンプルに私であることを選ぶ。


下線を引いたのは熟語表現です。

歌詞の訳って難しいですね。多少は工夫したつもりなんですが、気の抜けた日本語になったのは間違いないですね。もっといい訳があれば、コメントに是非お寄せ頂きたいところです。

ランキングに参加中です。クリック頂ければ励みになります。お願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop

05/30のツイートまとめ

nonpasSatoshi

épanouirと évanouir をよく誤読して、「あれ?」となることが多い。どっちも代名動詞として使えるので困ったものです。前者は、「(花や能力など)を開花させる」、後者は「気絶させる」。
05-30 23:24

PageTop

05/29のツイートまとめ

nonpasSatoshi

フランス語:gueule という単語は、本来の意味では「獣の口」を表すが、これが俗語で使われるとホントに使用幅が広くて、難しい単語。「黙れ」「(親しい人に向けて)おまえ」とか。
05-29 00:17

今日のフランス(俗)語。le mot du jour (vulgaire). se foutre de la gueule de qqn. = se moquer de qqn
05-29 00:10

PageTop

勝手に仏作文

フェイスブックをやってまして…フェイスブックはフランス語半分、日本語半分で書くんですよね(フェイスブックは非公開です)。フェイスブックの知り合いには、フランス人が混じってるので、フランス語で書く場合には、そのフランス人を、フランス語で笑わせてみたいなぁっていう意気込みで書いてます。まぁ失敗の方が多いかもしれませんけど、反応があったりすると嬉しくなるので、ちょくちょくやってます。

せっかく書いたのだから、こっちでも紹介してみようかなっては思い掲載します。

↓はフランス語に関する失敗談です。ブラックユーモアっぽい内容だし、僕が品行方正ではない人間であるってことがばれちゃう内容なので訳はつけません(面白さ優先で、虚実ない交ぜにしてるので、書いてあるのがそのまま事実ってわけじゃないのを言い訳にはできます)。

Le mot du jour : violer(今日の一語として violer を取り上げるという意味です)
Un jour, avec une meuf française qui était au Japon, on discutait sur la règle de la clope (il est interdit de fumer dans la rue au Japon). J'ai voulu dire : "je viole souvent la règle" mais la parole a été coupée à cause de l'oubli instantané du mot "règle". Peu après "je viole souvent...", elle a dit : "faut que tu ajoutes un complément d'objet, sinon, je te quitte, je te laisse tout seul, parce que je veux pas me laisser violer." Que de difficulté !!!

間違いや、訂正、疑問などは、コメントで是非是非お願いします!

ランキングに参加中です。クリック頂ければ励みになります。お願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PageTop

05/28のツイートまとめ

nonpasSatoshi

何となく仏文法。※「○○の国で」と言う場合、前置詞+国名は以下の規則に従う。 国名が子音で始まる男性名詞⇒ au +国名 au Japon, aux Etats-Unis 等々。それ以外の場合(女性か母音で始まる国名)⇒ en +国名 en France, en Iraq 等。
05-28 23:50

PageTop

お知らせ

長らく更新を休んでいましたが、再開しようと思っております。
詳しい理由はこちらに書いておきました↓↓
ディジョン日記セカンドシーズンが始まるかも

以前のような更新頻度かつ、内容とはいきませんが、ぼちぼちやっていこうと思います。もし、未だに定期的に見て頂いてる読者様がいれば、その方々の期待を裏切らないようしたい所ですね。引き続きよろしくお願いします。

PageTop

音楽:Zazのセカンドアルバムが届く

まだ聞いてないんですが、届いた喜びと、楽しみを含めて先にUP!

フランスのPOP音楽の紹介です。

日本のアマゾンでもCDが買えるので、手に入り易いと思います。
Zaz.jpg

Zazのセカンドアルバム「Recto Verso」が今日届きました。

(予約してたんですが、アマゾンの入荷が遅れたみたいで、日本リリースから1週間後になってますけど…)
Recto Versoってフランス語の辞書引くと「表・裏」って意味みたいですね。
(ラテン語Rectusから、「真っ直ぐ裏?」なんて思ってました)。

まぁ他のブログ等でも書かれている方がいると思いますし、日本でもNHKなんかで取り上げられたりして、結構有名なので、僕が紹介するまでも無く、今更って感じはありますけどね。

ファーストアルバムのイメージからいうと…アコースティックバンドをバックに、ハスキーで力強い歌声ですね。フランス語も聞き取り易い口語体なので、リスニング向上にはうってつけのアーティストです。

ジャンルは一応POPになるんですが、個人的な好みから言わせてもらうと、

Pop et surtout J-pop, ce sont dégueulasses pour moi. 
 ※dégueulasse はかなり強い嫌悪を表す形容詞です…。

で、Pop音楽全般には聞かない僕なのですが、彼女は例外ですね。

ファーストアルバムに収められてる「Je veux」の歌詞からいえば、シンプルでストレートな歌詞で、分かり易かったし、その直球の歌詞が彼女の歌声とまた合うんだよなぁ。歌詞は一部覚えちゃってるのもありますね、歌詞カード持っていないので合ってるかは分かりませんが。ま、それくらい聞き込んだアーティストってことです。

一部思い出しながら書いてみると…

Je veux crever la main sur cœur.
(たぶん)「私は誠実に死にたい」(文字通りには、「胸に手を宛てて、くたばりたい」ってところです)
Donnez-moi limousine, j'en ferais quoi?
「リムジンをちょうだいよ、それをどうしろっていうの?(そんなのもらっても、どうしようもないじゃない)」
 ※これは、faire A de B の使い方や、条件法による反語疑問文が学べる歌詞ですよ。
Ce n'est pas votre argent qui ferait (feraだったかも) mon bonheur.
「私を幸せにするのはあなたのお金じゃない」

こんな歌詞、AKB48とかに歌わせたら、「アチャ~痛いな」ってなるのは間違いないと思う!

実際聞いてみて、ファーストアルバムを上回るすっごいいいデキだったら、また感想書きますかね。

今回は歌詞カード持ってるから、全訳とまではいかなくても、気に入ったフレーズを訳してみるとかやってもいいかなぁと思ってます。


復活するという意気込みを込めて…↓↓

ランキングに参加中です。クリック頂ければ励みになります。お願いします。
にほんブログ村 外国語ブログ フランス語へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村

PageTop

05/16のツイートまとめ

nonpasSatoshi

うーむ。冒険は嫌いではないが、ちょっと冒険しすぎな気がする。
05-16 01:22

ウィキ「チェコ語」の項目より。「チェコ語の格は主格(1格)、属格(生格・2格)、与格(3格)、対格(4格)、呼格(5格)、前置格(6格)、造格(具格・7格)の7つである。」6格までは分かる。7格目の造格って何ですか…。
05-16 01:16

慌てて大学の授業にチェコ語がないか調べるも、うちの指導教員の授業と被っていて出席できないのが分かる。はい、独学決定。
05-16 01:11

しかし、チェコ語ってスラブ語系なんだよな。ラテン系、ゲルマン系は素地があるから何とでもなりそうだが、スラブ系は未開拓スギル。
05-16 01:05

夏までやること決まった。チェコ語だ。チェコと現象学と言えば、パトチュカ。彼を原語で読めるようにする…のか?
05-16 00:57

今日、再び海外に行くためのビザ申請事務手続きに必要になる書類が届いた。見て、目から鱗だった。1セメスターは、チェコに行きなさいだとぉおおおおお。
05-16 00:46

PageTop

05/14のツイートまとめ

nonpasSatoshi

なお、ずっと放置していたことから、ツイッターの利用は今後どうなるか分かりません。情報収集には便利なので、そういった目的にのみに限定し、自ら情報を発することは無いかもしれません。
05-14 01:02

1月半ばにアカウント情報が漏洩し、スパムを流していたみたいです(セキュリティソフトは欠かしたことはないのですが)。丁度、忙しい折が重なり、また、ツイッターとは離れていたので(それ故今日になって初めてログインしました)、遅すぎるとは思いますがご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした
05-14 01:00

PageTop

ディジョン日記セカンドシーズンが始まるかも

ご無沙汰しております。

未だに多い日には10件以上のアクセスがあり、驚きを隠せません。

案の定というか、やはり日本にいればそれだけにフランスの情報からは遠ざかってしまうものですね。

しかし、フランス語そのものとは切っても切れない生活をしているので、フランス語能力はさほど衰えていません。

勿論、会話独特の表現等は忘れが激しく、また、ジャーナリスティックな言語に関しても衰えが激しいですが、

その他の点では、衰えていないと思います。



タイトルの意味するところは、再び渡仏する機会がありそうで、

フランスにて再び記事を書くことが出来るかもしれないという意味です。

今度は、ディジョンにはいかず、トゥールーズというフランス南西の町を拠点に、

フランスに留まらずドイツにも行ったりすることができるはずです。

(しかし、受け入れ側の大学…というか教育プログラムからの返答が未だになく不安が募ってはいるのですが)。

詳細は行く事が正式に決まってから、またブログでお知らせするかもしれません。

もし行く事になれば、フランス語の学習という観点とは別のブログになるかもしれません。

まだ本格的にブログ再開とは行きませんが、正式に行く事になれば、再開したいと思います。

その場合には、内容等がかなりアカデミックなものに一新されるとは思いますが、

海外生活の記事も併行して載せていきたいと思っておりますので、その折にはどうぞまたお付き合いください。


では、本日はこれにて。

PageTop